数学屋の根城

ポケ屋の根城

資材置き場

トップページの一番上に出るやつ

初めての方へ

 

管理人のバオです。

 

このブログでは、主に自分の趣味(ポケモンなどのゲームやDIY等)について書いていく予定です。

ポケモン第3世代対戦が好きで、最近はエメラルドのバトルタワーにハマっています。某ロナウイルスのせいで対戦オフ会に出られないため、当面の間はバトルタワーの攻略記事の更新がメインになるかな、と。

 

元々はパソコンのメモ帳にまとめていましたが、あまりに量が増えてゴッチャゴチャになってしまったので急遽ブログを作ってこっちにまとめることにしました。

 

基本自分用で、もっともらしく書いてあることでもあまり参考にならないかもしれないという点だけご了承ください。

 

HNはパワプロクンポケット6の登場キャラクターから。とても面白いのでぜひプレイしてみてください。

 

 

GBAダブル、やろうぜ!

 

 

それではこの辺りで。

【エメラルド】バトルタワー 金シンボル攻略記事まとめ

f:id:Baobao:20200105000816j:plain

サムネ用

 

【宣伝】

エメラルドシングルバトル考察本の電子版が無料公開されました。第3世代における対人戦の考察のほか、バトルタワーの攻略やコンテストバトルについての情報も載っています。興味がある方はぜひ一度目を通してみてください!

emeraldmeeting.booth.pm

 

〜〜〜〜〜〜〜宣伝ここまで〜〜〜〜〜〜〜

 

 

70連勝以上を達成したもののみまとめています。随時更新予定。

 

 その1 メタグロスハピナスサンダー(85連勝)

baobaopoke.hatenadiary.com

 

その2 プテラハピナスラティオス(77連勝)

baobaopoke.hatenadiary.com

 

その3 ラティオスメタグロスサンダー(104連勝)

baobaopoke.hatenadiary.com

 

その4 プテラハピナスサマヨール(324連勝)

baobaopoke.hatenadiary.com

 

その5 プテラハピナスエアームド(72連勝)

baobaopoke.hatenadiary.com

 

その6 プテラハピナスエアームド改(現在70連勝)

baobaopoke.hatenadiary.com

 

その7 プテラボーマンダラグラージ(現在70連勝)

 

baobaopoke.hatenadiary.com

 

 

世界記録パーティ エアームドハピナスラティオス(2303連勝)

baobaopoke.hatenadiary.com

 

バトルタワー概要とオススメポケモン 

baobaopoke.hatenadiary.com

 

 最新版キャラランク

baobaopoke.hatenadiary.com

 

攻略用ポケモン 個別考察

サンダー

baobaopoke.hatenadiary.com

 

プテラ

baobaopoke.hatenadiary.com

 

呪いサマヨール

baobaopoke.hatenadiary.com

 

型倉庫

baobaopoke.hatenadiary.com

 

 

リラ 攻略

baobaopoke.hatenadiary.com

 

 

敵キャラ個別対策シリーズ

レジスチル

baobaopoke.hatenadiary.com

 

カビゴン

baobaopoke.hatenadiary.com

 

 

資料・便利ツール

バトルフロンティア ポケモンリスト(つぬさん(@tunu1223)作成)

スマホから手軽に閲覧したいときに。ポケモンの種族ごとにまとめられているので型の判別に便利。

 

EmPPcount(ライトさん(@pokemon_13m)作成)

PC用ツール。ポケモンの型をトレーナー名や技などから検索できる。PCに画面をキャプチャしてプレイする際に一緒に開いておくと非常に便利。

 

フロンティア攻略雑記(MIさん(@MI_Poke_X)作成)

MIさんのブログ。各トレーナーの所持ポケモンの傾向、全敵ポケモンの素早さ順リストなどの情報が載っている。

 

ポケモン第三世代同人誌 (宣伝)

コラムにバトルタワー攻略記事が載っています。内容はおすすめポケモンとその編成例、注意すべき敵ポケモンフロンティアブレーンの攻略などなど。

値段は1000円程度で総ページ数150前後の大ボリュームです。第三世代対戦に少しでも興味がある方は是非購入をご検討くださいませ。私も少し寄稿しました。

stoic4486.hatenablog.com

 

販売開始されました。

emeraldmeeting.booth.pm

【エメラルド】バトルタワー キャラランク2021/12+雑感

この記事は、Pokémon Past Generation Advent Calendar 2021 21日目の記事です。

 

f:id:Baobao:20211220184555p:plain

 

前回から約8ヶ月ぶりの更新。

baobaopoke.hatenadiary.com

 

期間中にあったこと

・鉢巻トリック起点構築の開拓

元々存在する戦法ではあったが、リンデさんが実際に結果を残し文章でまとめてくれたおかげで更に考察が進んだ。後ろの積みアタッカーを通すための手順を無理なく大幅に減らすことができるということで評価はかなり高め。

【エメラルド】バトルタワー 鉢巻トリック雑記 - ポケ屋の根城

[エメラルド]バトルタワー用 鉢巻トリックパーティ紹介

 

・やどりぎ+積みアタッカーの可能性

フシギバナスイクンの並びを長く使っていて気付いた。適当に積んでいるだけでこちらは回復しつつ敵が勝手に死んでいき、相手の2匹目が出てきた頃に丁度全抜き体勢が整う。総じて噛み合い方がとんでもない。

 

等々。

鉢巻トリックについてはまだまだ考察の余地があると思っているので、今後どう進展していくかとても楽しみである。やどりぎキャラは今のところ完全にフシギバナ1強。他のキャラとどう組ませるかがあまり考察されていないのでまた色々と試してみたい。

 

個別雑感

明確な上下変動があったものと単に書きたかったものについて簡単に触れる。

 

SSSランク

ハピナスf:id:Baobao:20200112180153p:plain

みがわりとタマゴうみ以外の技枠で目一杯遊ぶキャラ。毒投げ、瞑想アタッカー、サポート特化辺りから自由に選ぶことが出来て、なおかつその全ての型が異常に強い。特に理由がなければ必ずパーティに入ってくる絶対的な存在。

 

Sランク

スイクンf:id:Baobao:20200527210900p:plain(↑)

メタグロスを安定して受けられることや水技の通りが良いことなどが重なって評価アップ。積みアタッカーでもみがまもプレッシャーでも大体何をさせても強い。入手難易度が(色々な意味で)高いのが唯一の懸念点か。

 

Aランク

エアームドf:id:Baobao:20200511224626p:plain(↓)

鋼タイプを初めとした「負けないが勝てない」相手が多いことがどうしても気になって最近評価が下がりがち。特にめんえきカビゴンにどうやっても勝てないのが悩みどころ。唯一無二の性能は変わらないため、強みを最大限生かせるパーティに入れてあげよう。

 

Bランク

ライコウf:id:Baobao:20200527210825p:plain(ちょい↑)

プレッシャーの再評価に伴って少し上がった。耐性が弱いためプテラのように脳死でみがまもを繰り返す型には向いていないが、ハピナスを封殺してくるメロメロ瞑想エーフィに強いなどの個性は見逃せない。まだまだ未開拓なので今後評価が爆上がりする可能性もある。

 

フシギバナf:id:Baobao:20210209230025p:plain(↑↑)

あまえる+やどりぎによるサポート性能が強すぎて一気にここまで上がってきた。やどりぎを通した時点でみがまもでゾンビ行為が出来るようになるためタイマン性能も高め。先発に置くキャラとしては素早さが低いのが欠点。残飯必須で持ち物コストが高いのも悩みどころ。

 

Cランク

マッスグマf:id:Baobao:20211029114325p:plain(新規)

鉢巻トリック要員第一候補。耐久と素早さが最低限にあるおかげで役割を遂行しやすい。トリックを通した後のサポートとしてでんじはとあまえるを覚えるのも高評価。

 

レジスチルf:id:Baobao:20200722222829p:plain(↑)

火力と素早さを落とした代わりに耐久力を大幅に上げて技を10倍くらい強くしたメタグロス。評価が上がったというより今までが低すぎた。基本的にサポートかのろいアタッカー運用になるが、メタグロスのように後発爆発要員として使ってみても面白いかもしれない。

 

Dランク

ハガネールf:id:Baobao:20200722223718p:plain(↑)

いちゃもん+まもる+ねむるで驚異的な物理耐久で幅広く受ける鋼枠。レジスチルと同じで今までの評価が低すぎた。残り1つの技は汎用火力の地震か、3匹目を素早く処理出来る爆発のどちらかから好きな方を選ぼう。

 

フーディンf:id:Baobao:20191206224212p:plain(新規)

鉢巻トリック要員第2候補。マッスグマよりSが高いのが強み。序盤の掃除要員としても起用できる。

 

・ファイヤーf:id:Baobao:20200527211818p:plain(ちょい↑)

プレッシャーの再評価に伴って少し上がった。どくどくと炎技の相性が良いのも◎。

 

Eランク

バリヤードf:id:Baobao:20211029114250p:plain(新規)

鉢巻トリック要員第3候補。バトンタッチを覚えるため、初手でソーナンスと対面した際に速やかに積みアタッカーに回すことができる。それ以外では多分フーディンの方が強い。

 

ドーブルf:id:Baobao:20211029115257p:plain(新規)

冷静に考えて今まで入っていなかったのがおかしかった。素早さが足りず耐久も低すぎるため基本的に超上級者向けのキャラ。

 

Fランク

ブーピッグf:id:Baobao:20211029114356p:plain(新規)

鉢巻トリック要員第4候補。一応入れておく。

 

代替キャラ枠

ミロカロスf:id:Baobao:20211220204829p:plain

ミロカロスを抜いたキャラランクを作ったら海外勢に怒られたのでこっちに置いておく。基本的にスイクンの代わりとして採用するキャラだが、特性や技が違いすぎるため「スイクン枠」というよりは「純水枠」として考えた方が良いかもしれない。じこさいせいやあやしいひかりなどの個性も一応ある。

 

・ルンパッパf:id:Baobao:20211220205348p:plain

フシギバナの代わりに採用するやどりぎ要員。能力があちらより一回り低くあまえるも覚えないがキャラ性能自体はしっかりしている。オーバーヒートで即死しないのは明確な長所だろう。

 

おまけ

積みアタッカーキャラランク

f:id:Baobao:20211220210016p:plain

世界記録パーティ(現在3003連勝中)にも採用されているラティオス、必中技のつばめがえしで相手の粉を貫通するボーマンダ、水技の通りが良いスイクンなどの評価が高い。上から急所などで破壊される懸念があるため、基本的にのろいアタッカーの評価は低め。

 

 

それではこの辺りで。

明日のカレンダー記事は、シュウああさん(@Y_Shuichi_KCJ)による「BDSP RTA バグを活用しつつバッジを全て集めよう」になります。お楽しみに。

【エメラルド】バトルタワー 鉢巻トリック雑記

f:id:Baobao:20211029171811g:plain

サムネ用
※参考文献

[エメラルド]バトルタワー用 鉢巻トリックパーティ紹介

リンデさん(@linde3469)の記事。実際に鉢巻トリックを採用したパーティ例と、具体的な動かし方について詳しく書いてある。

 

【概要】

バトル施設におけるメジャーな戦略として、「相手の攻撃技のPPを全て削り切り、後ろの積みアタッカーを通す」というものがある。安全な状況を作ってから態勢を万全にして全抜きする、事故を防ぐことを第一優先とするゲームにおいて非常に理に適った戦法である。

この戦法をスパイス感覚で高速で回せるようにしてくれるのが鉢巻トリック。基本的にバトル施設に登場する敵は余程のことがない限りはポケモンを入れ替えてこないため、トリックさえ通してしまえばプレッシャーキャラを使用せずとも速やかにPPを削ることが出来るようになる。ついでに光の粉やせんせいのツメなどの厄介なアイテムも奪ってしまえるため余計な事故も減らせる。

初手で上手く補助技やじしんなどで縛れた場合は即座に後ろのみがわりラティマンダを通して俺の勝ち。

 

鉢巻トリックを使ううえで注意しなければならないのが、相手が初手でソーナンスを繰り出してきた時。鉢巻だけ押し付けてそのまま後ろに引くことが出来ないため、相手のカウンターやミラーコートとある程度付き合う必要がある。

リンデさん曰く、初手ソーナンス対面で初手にトリックを使うと、トリックのタイプ(エスパー=特殊)に反応してミラーコートを使ってくることが多いそうである。面倒な相手ではあるが、トリック要員にちきゅうなげ辺りを採用しておいて落ち着いて対処すれば特に危険な要素はないと言っていいだろう。技にどくどくを仕込んでおけば、初手トリック→どくどくから、毒ダメージでソーナンスが倒れる直前にもう一度トリックで鉢巻を回収することで、効率よく相手の2匹目に改めて鉢巻トリックを仕掛けることも出来るので覚えておいて損は無いはず。

 

サイドンアーマルドなどに爪+急所でトリックをする前に潰されたら流石に仕方ないと思って割り切ろう。

 

トリックを使えるのはフーディンバリヤードオオタチドーブルマッスグマブーピッグパッチールカクレオンの9体。種族値の低さは否めないが、何かしらの個性を持つキャラがそこそこいるため、パーティによってトリック要員を広く選択することができる。

トリック要員と積みアタッカーのお供には、リンデさんのパーティにも採用されているゲンガーのほか、メタグロスを受けられるスイクンや、ラティアスなどのAを下げられる技を持ったキャラが候補に上がるだろう。

 

【個別考察(並びは番号順)】

フーディンf:id:Baobao:20191206224212p:plain

S実数値を173以上にできる唯一のキャラ。補助技もでんじはやいちゃもんなどの有用なものが揃う。物理耐久が壊滅的なので、せめてA200サイドン地震耐え程度には振っておきたいところ。

 

バリヤードf:id:Baobao:20211029114250p:plain

フーディンよりは多少タフだが、その代償として素早さが大きく落ちる。バトンタッチのおかげで初手ソーナンスで楽に動けることが大きな差別化要素になる。その他の補助技の範囲はフーディンとほぼ同じ。

 

オオタチf:id:Baobao:20211029114305p:plain

マッスグマに勝る点が何一つない。無理。

 

ドーブルf:id:Baobao:20211029115257p:plain

耐久力が無さすぎるため基本的にトリックしたターンに死ぬが、生き残れた場合は2ターン目におんねんを使うことで一瞬でわるあがきに追い込むことができる。ワンチャンはある。

 

マッスグマf:id:Baobao:20211029114325p:plain

鉢巻トリック要員最右翼。あまえる、でんじはと両立可能な点が非常に優秀。耐久も物理特殊とも最低限は確保できるため、トリックを刺したあとも後続への補助を遂行しやすい。少なくとも現時点ではぶっちぎりの最強キャラ。

 

バルビートf:id:Baobao:20211029114341p:plain

ほたるびバトンができる。以上。

 

ブーピッグf:id:Baobao:20211029114356p:plain

バリヤードをさらに1.5倍くらいタフにして素早さを少し下げたような能力を持つ。エスパー特有(?)のいちゃもんは健在だがでんじはが消えた。

 

パッチールf:id:Baobao:20211029114408p:plain

バトンとねがいごとが出来るらしいよ。

 

カクレオンf:id:Baobao:20211029114432p:plain

でんじはとしたでなめるを両立して特性じゅうなん以外の相手を全部麻痺に出来るとかいう謎の個性を持つ。鈍足なので上から殴られはするが、耐久力はしっかりしているためトリックは十分決められるだろう。

 

【まとめ】

マッスグマはこのキャラランクでいうところのB〜Dランク辺りに十分食い込めるだけのスペックはあると思う。

f:id:Baobao:20210428015645p:plain

 

【おまけ】

トリックキャラランク

f:id:Baobao:20211029172723p:plain

 

 

おわり

【GBA後期シングル】イワトンパンチカップ準優勝構築+対戦レポート

9/18~9/30にオンライン上で開催されたイワトンパンチカップに参加してきました。イワトンパンチってなんだよ。

結果は3-1で予選同率1位抜け、決勝トーナメントを2-1、0-2で準優勝でした。

 

体感3億年ぶりくらいのGBA対人戦の記事になります。

 

使用構築

f:id:Baobao:20210925115353g:plain
f:id:Baobao:20210925115844g:plain
f:id:Baobao:20191006080949g:plain
f:id:Baobao:20210925115915g:plain
f:id:Baobao:20210925115226g:plain
f:id:Baobao:20210925115207g:plain
f:id:Baobao:20210930184137g:plain

構築作成経緯

元々バトルタワー攻略の構想にあった『バトン起点+積みエース全抜き』の流れを対人戦でも使いたい、というところからスタート。

バトンタッチを覚えられるポケモンはブイズやサンダーのほか、ハッサムテッカニンなどがいるが、早々に吠える要員に替えられて無力化されるのを防ぐため、相手の交換を封じるくろいまなざしを覚えられるブラッキーf:id:Baobao:20210925123339p:plainを採用。素の耐久数値も高くて中々よい。

積みエースには種族値が高くて扱いやすそうなボーマンダf:id:Baobao:20200527212920p:plainを採用。ラティオスの採用も考えたが、てんのめぐみ冷凍ハピナスに競り負けそうな気がしたため今回は見送ることにした。

後は汎用火力枠としてカビゴン、個人的にあまり戦いたくないスイクンに圧力をかけられるサンダースラプラスなどを採用してパーティが固まった。

 

個別解説

ブラッキーf:id:Baobao:20210925123339p:plain

図太いHB @残飯

くろいまなざし/かげぶんしん/みがわり/バトンタッチ

 

攻撃技を全切りして完全にサポートに振り切ったバトンタッチ要員。補正をかけてHBに振ることで、A205鉢巻コメットパンチを低乱数ながら2耐えしやがる。意味が分からない。

あまり話題にならない割に普通に強いポケモンではあるが、僕の経験不足が祟ってしっかり活躍できたのは後半の数戦のみであった。とりあえずもう少しポケモンを信用してあげることを覚えたい。

 

ボーマンダf:id:Baobao:20200610153841p:plain

意地ASベース @ラムのみ

めざ飛/地震りゅうのまい/みがわり(予選)→すてみタックル(決勝トーナメント)

 

抜きエース。スイクンライコウが増えた影響で鉢巻型の評価はだいぶ落ちたが舞型はまだまだ強い。3~4舞い出来れば無敵の存在になれるが、どうやってそこまで舞うかという問題が常に付き纏ってくる。今回使用した起点構築ブラッキーとは相性が良かったようだ。

技は前3つが確定で残り1枠が選択になる。エアームドに刺せて怯みの勝ち筋も狙えるいわなだれが人気だが個人的には命中安定のすてみタックルの方が好き。予選時のみがわりは完全にバトルタワー攻略の名残である。

 

カビゴンf:id:Baobao:20200101003659p:plain

意地AB @鉢巻

すてみタックル地震シャドーボールはかいこうせん

 

汎用火力枠として採用した鉢巻カビゴン。無難にめちゃくちゃ強かった。A205コメット以上の火力を命中100でブンブン出来るんだからそりゃ強い。

今回は物理耐久のためにBに振ったが、すてみタックル用のHPを確保するべきという情報もあり、努力値調整にかなり余地を残しているキャラ。今後の開拓に期待。

 

・サンダースf:id:Baobao:20210209232625p:plain

臆病最速残りHB @クラボのみ

10まんボルト/でんじは/いばる/みがわり

 

3世代における一般的なサンダース。サンダースはSを「〇〇抜き」まで下げて耐久調整するパターンが多いが、そのようなサンダースとのミラーや対プテラを考慮して最速で採用。

相手のサンダーとライコウをほぼいばみがでんじはだけで突破する伝説を残した。

 

ラプラスf:id:Baobao:20200722223821p:plain

図太いHBD @せんせいのツメ

ぜったいれいど/つのドリル/ねむる/ねごと

 

「ギャンブルはお金を浪費するだけの馬鹿げた行為だ、なんて言う人がいるよね。でも僕はそうは思わない。僕はお金なんか一度もかけたことはないんだ。」

 

「え、じゃあ、何を?」

 

「夢さ。宇宙を見るためのね。」

 

「宇宙...」

 

 

”君は宇宙を見たことがあるかい”

 

 

彼はそう言うと少し照れくさそうに首をすくめて笑った。

 

・ゲンガーf:id:Baobao:20191206224851p:plain(予選〜準決勝)

最速100族まで抜いて残りHBベース @ひかりのこな

おにび/10まんボルト/まもる/あやしいひかり

 

ヘラクロスに圧力をかけたかったので採用。Sを最低限まで上げつつ物理耐久に厚く振っていい感じに。

ヘラクロスと一度も遭遇しなかったので決勝直前で解雇した。

 

キノガッサf:id:Baobao:20210930183950p:plain(決勝)

陽気ASベース @カムラのみ

きあいパンチ/きのこのほうし/みがわり/めざめるパワー霊

 

鈍いカビがパーティ単位で重かったのでゲンガーの代わりにほぼピンポイントで採用。ピンポイントとは言うものの一応レジ系にも強く出られるためよほどのことがない限りは腐らない、はず。

回復手段を一切捨てた、ガッサとしては少し珍しい?型。流石に宿木辺りを持たせた方が強いとは思う。

 

対戦レポート

予選1戦目 vs amumaさん 負け

相手 ライコウカビゴン/ゲンガー(ガラガラ/サンダー/メタグロス

自分 サンダース/ラプラスカビゴン

 

せっかく採用したブラッキーボーマンダをなぜか選出せず、初手から積極的にいばみがを仕掛ける展開に。

途中ラプラスカビゴンが対面し、ねごとを含めて4回ほど絶対零度をぶっぱなすも一度も当たらず、鈍いを積まれながら何も出来ずに落とされる。

その後相手のカビゴンを何とか落とすも、すてみタックルで拘ったラス1カビゴンの前にゲンガーが出てきて投了。

 

勝負に負けはしたものの、主にラプラスについて「死ね」だの「人の気持ち考えたことあんのかよ」だの暖かい言葉を多数いただけてとても笑顔になることができた。

はい

 

予選2戦目 vs ポコさん 勝ち

相手 ライコウ/サンダー/カビゴン(サンダース/ゲンガー/エアームド

自分 サンダース/カビゴン/ゲンガー

 

何でこの選出にしたかはよく覚えてない。

1戦目と同じく初手からいばみがを仕掛ける展開。何度かサイクルを回した後、こちらのカビゴンのすてみを相手のカビゴンに通して先に数で有利を取る。

カビゴンの体力が半分程度しか残っていなかったため、サンダースでマヒを撒いてから全抜きしようと考えて実行。結局カビゴンに出番が回ることはなく、サンダースのいばみがでんじはだけで相手のサンダーとライコウを破壊して勝ち

ポコさんキレてた。すのーさんは笑ってた。僕も笑った。

 

予選3戦目 vs Hopeくん 勝ち

相手 ランターンスイクンフライゴンフシギバナバシャーモメタグロス

自分 ブラッキーボーマンダカビゴン

 

ブラッキーボーマンダ初選出試合。

初手のランターンを見て、ブラッキーで十分起点に出来そうな相手だと判断。くろいまなざしから入ったところにスイクンに換えられて吠えられる。その後サイクルを回す中でスイクンに氷技がないことを確認。カビゴンの捨身で削ってボーマンダのめざ飛で倒す。

その勢いのままランターン地震で倒すと、最後に出てきたのはフライゴン。舞っているところに鉢巻雪崩をくらうが、これを素で耐えて返しのめざ飛で詰め。フライゴンのあまりの火力の無さにお互い気まずくなった試合だった。

 

予選4戦目 vs メノアラシさん 勝ち

相手 メタグロスハピナスラティオスジュカインニョロボン/サンダー)

自分 ブラッキーボーマンダカビゴン

 

replay.pokemonshowdown.com

メノアラシさん視点のリプレイが残っているので詳しい試合展開はこちらを参照。

 

ここまで予選全勝のメノアラシさんと対決。まずはブラッキーメタグロス対面からスタート。初手からコメットパンチを急所にくらい、決死のかげぶんしんも実らずそのままパンチ連打で倒される。

仕方がないのでボーマンダを出して素積みしようとしたところに、いかにも氷技打ちますよみたいな顔してハピナスが出てくる。氷技読みでカビゴンに入れ替えるとハピナスまさかのでんじは。対人戦のハピナスではあまり見ない技なので少し驚いた。そしてカビゴン地震で拘ったところにラティオス降臨。

正直ここで負けを覚悟したが、カビゴンをこのまま放置しておくわけにもいかず嫌々ボーマンダに入れ替える。ダメ元で舞ってみたら、なんか相手のラティオスも舞い始め、そのままシャドーボールで殴ってくる展開に。物理ラティオスに驚きつつも、2舞マンダでそのまま全抜きして勝ち。

色々な意味で意表を突かれまくった試合。

 

これで僕とメノアラシさんが予選3-1となり、2人揃って決勝トーナメントに進出した。

 

準決勝 vs けつばんさん 2-1で勝ち

総評:互いに上振れまくった試合

ここからはBO3となる。

 

1戦目 負け

相手 メタグロスカビゴン/サンダー/ゲンガー/ラグラージラティアス

自分 ブラッキーボーマンダカビゴン

 

replay.pokemonshowdown.com

けつばんさん視点のリプレイ。

 

初手から相手のメタグロスがコメットパンチのA上昇を引いてそのまま暴走。パンチを一度も外さず、ついでにもう一度A上昇を引かれてそのまま破壊された。おわり

 

2戦目 勝ち

相手 カビゴンメタグロス/サンダー(ゲンガー/ラグラージラティアス

自分 ブラッキーボーマンダカビゴン

 

replay.pokemonshowdown.com

けつばんさん視点のリプレイ。

 

相手がメタグロスに入れ替えている間に分身を積み、いわなだれをそれなりに回避しつつほぼ万全の状態でボーマンダにバトンを繋ぐ。マンダへの3回のいわなだれも全て避け、3舞マンダで全抜きして勝ち。

運が絡んだ場面もあったが、この試合については分身を6回積めた時点でこちらの勝ち試合と言って良いだろう。

 

3戦目 勝ち

相手 メタグロスラティアス/サンダー(カビゴン/ゲンガー/ラグラージ

自分 ブラッキーボーマンダカビゴン

 

replay.pokemonshowdown.com

けつばんさん視点のリプレイ。

 

こちら側に大きく上振れた試合。

コメットパンチを避けつつ分身を積む。3回積んだところでラティアスに吠えるを連打されるも、これを5回連続で避けている間にマンダにバトンを繋いでそのまま全抜き。

ラティアスが吠えるを連発出来ていた時点で完全に負け試合だったと思う。分身の恐ろしさを知った試合だった。

 

決勝 vs ウホホウホさん 0-2で負け

総評:勝負感なく地力負け

シングルではまだ一度も勝てたことがないウホさんとの試合。ここで勝って克服したかったが...

 

1戦目 負け

相手 サンダー/メタグロス(サンダース/フライゴンソーナンスラプラス

自分 ブラッキーボーマンダカビゴン

replay.pokemonshowdown.com

ウホさん視点のリプレイ。

 

初手対面はブラッキーサンダー。きんぞくおん打たれたら嫌だなあとか思いながらみがわりを張ると、案の定きんぞくおんが飛んできてパニック。

カビゴンに入れ換えてはかいこうせんをぶっぱなすと、交代で出てきたメタグロスクリティカルヒット...するもギリギリ耐えられる(高乱数1発だったようだ)。そのままカビゴンが落とされこちらはボーマンダを繰り出す。サンダーへの交代を祈って舞うも、居座ったメタグロスにそのまま捻り倒されて負け。

 

カビゴンが倒されたときにブラッキーから出すべきだったとか、マンダを出すにしても素直に殴るべきだったとか反省点はいくらでもある。もう少し冷静に動けるようになりたい。

 

2戦目 負け

相手 サンダー/メタグロス/サンダース(フライゴンソーナンスラプラス

自分 カビゴンボーマンダ/サンダース

 

replay.pokemonshowdown.com

ウホさん視点のリプレイ。

 

初手はカビゴンサンダー対面。初戦のこの対面でメタグロスに引かれたことを思い出すが、交代読みの地震をどうしても押せず結局すてみタックルで妥協。案の定メタグロスが出てきて受けられる。

サンダースに入れ替えて身代わりを貼りながらいばるも、交代で出てきた相手のサンダースに混乱を突破されて吠えられる。ボーマンダが引きずり出され、交代で出てきたサンダーに1舞すてみをぶつけるも倒すには至らず、返しのめざパ氷でダウン。

再びサンダースで相手のサンダースにいばるが、やはり混乱を突破されて吠えられる。流れの中で相手のサンダーを落とすがこちらのカビゴンメタグロスに落とされる。サンダースのいばるに希望を繋いだものの、結局相手のサンダースにみがわりを貼られて負け。

 

もう後がない状態で、既出の初手のカビゴンサンダー対面で地震を押せなかったのは流石にプレイングが弱かったと思う。もう少し心を鍛えたい。

また、ボーマンダすてみタックルの枠は実は最後までいわなだれと悩んでいた。結果的に負けに繋がってしまったが、最後はしっかり自分の意思ですてみタックルを採用したのでここに悔いはない。多分。

 

まとめ

・ねむねごラプラスは二度と使わない

使いません。勝ちたいので。

ブラッキーきんぞくおんに弱い

弱かった

努力値配分をちゃんと考える

ぶっぱが多すぎる。

ヘラクロスが全然いない

個人的に意外だったこと。カビゴンスイクンの並びを安定して貫けるため、スイクンが増殖している環境ならば連動して一緒に増えてくるものだと思い込んでいたがそんなことはなかった。参加人数がくどオフよりだいぶ少なかったのも関係してる(?)

・鉢巻グロスが結構いる

これが今回最も想定外だったことである。スイクンが増えれば増えるほど肩身が狭くなる型だと思っていたため壁張り起点型のグロスが大半を占めると予想していたのだが、今回戦った6人のうち少なくとも3人が鉢巻メタグロスを採用していた。誰も使わないものだと思ってパーティの対策から切っていたが考え直さなければならないようだ。

 

 

 

脳を萎縮させろ

      ∩_∩
     / \ /\
     | (゚)=(゚)|
     | ●_● |
    _/     ヽ
    /|〃―――-ヾ|
   / /~)_二__ノ
   / / /     )
  |  /   / /
   \/    / ̄
   /   /⌒\
   /  /   |
  /    /  /
  /   // /
 |  / / /
 | / / /
 | / L/
`/ /
(_/

 

それではこの辺りで。

次の大会は頑張って優勝します。